職場の現状

仕事に対する考え

薬剤師になりたいと思う多くの人は、医療機関の薬剤部や調剤薬局に勤務することを想定して資格取得を目指すんではないかと思います。
ただ、はじめは夢や希望を持って薬学に学ぶ人でも、広い分野の勉強のキツさと忙しさから、学んでいくうちに「やっぱ違うことがやりたい」と思い直す人も少なくはないとも聞きます。

でも、将来的に見据えた職としては薬剤師は有望な方だと思います。
手に職な仕事であり、一生使える国家資格保有者ということもありますが、高齢化社会に伴い薬剤師は慢性的に不足しているとも言われています。

また、高齢化社会の理由のほかにも薬剤師には女性が多いらしく、出産や結婚を期に辞めてしまう人も少なくはないんだとか。
就職氷河期と言われる現在でも薬剤師の職種は多様ですし、一般的な民間の平均年収が400万円と言われている中で、薬剤師の平均年収は500万円台だと言われており、かなりいいんじゃないでしょうか。

30代の女性はライフスタイルの変化で仕事を辞めてしまう人も少なくはありませんが、子供の手が少し離れた40代ころになると、また現場に復帰したいと考える人が増えてくるようです。
薬剤師の仕事は一度は辞めてブランクがある人でもセミナーや研修を催していて、積極的に受け入れられていっています。

ここから見ても資格保有者の優遇の良さに加えて、薬剤師の仕事自体が将来的にも安定している職業だと言えますね。
薬剤師の仕事は軒並み需要が高まってきていますし、取得して無駄な資格はありませんから、時間をかけてでも資格は取っておくに越したことはありません。

病院以外にも

資格取得をしても薬剤師の仕事には就かず一般企業に就職する人もいるようですが、薬剤師の仕事をもっと幅広い視点で見てみてはどうでしょうか?
薬剤師の仕事は今では多岐に渡りますが、その分、働く職場も多様にあります。
例えば、病院、薬局、ドラッグストア、製薬会社、化粧品会社、行政機関、保険衛生施設・・・etc

最近では、ドラッグストアのチェーン展開が増えてきていることが、薬剤師の需要の一因に繋がっているんじゃないかと思われます。法律で定められた規定がある“薬剤師法”では、ドラッグストアでの医薬品販売には薬剤師を駐在させることが義務つけられています。
そのため、大手のドラッグストア会社では、薬剤師確保に躍起になって積極的に大量採用しているのが見られているとのことです。

病院の薬剤部や調剤薬局以外でも、薬剤師の職種や働く職場は多様にあります。
そのたくさんの中からなら、自分にあった職場を見つけることも出来るんじゃないでしょうか?
また、色んな薬剤師の職種に挑戦してスキルを磨くというのも良い方法ですね。
薬剤師の仕事以上にやりたいことがあるならそれでもいいでしょう。
でも、特別これがやりたいと言うこともないなら、もう一度薬剤師の仕事に目を向けてみてください。

薬剤師は誰でも出来る仕事ではないので、資格を捨ててしまう前にもう一度、薬剤師の仕事にチャレンジしてみてはどうでしょうか。
取得した資格を上手く活用するのも、しないのも本人次第ということですね。