海外で薬剤師

海外で薬剤師として働くには?

薬剤師として海外で活躍したいという方がいらっしゃいましたらその難しさは十分に認識しておく必要があると言っていいでしょう。ここではアメリカで薬剤師として活躍するためにはどうすればいいのかという点に注目してご紹介したいと思います。

日本人がアメリカで薬剤師として活躍するためにはどうすればいいのか、それはアメリカの薬剤師免許を取得することから全てはスタートします。しかしそのアメリカが提供する外国人向けの薬学試験に合格するか、専門大学院博士課程に入学して、インターンを経て、アメリカ合衆国の指定する米国薬剤師試験に合格する必要があります。

また実際にアメリカで薬剤師として業務に就く場合、実際にビジネス英語の能力も必要になります。薬剤師免許を取得するために、先ほどの条件に加え、TOEFLが550点以上、TSEが55点以上ないと資格の取得ができないのです。

また薬剤師として活躍するためにはその人が住む州ごとに薬剤師になるための条件が変わります。アメリカ合衆国は州ごとに法律やルールが異なるのです。この州はOKでも別の州ではNGだったり、その逆があったりと、住む場所によってルールが異なりますので、まずは自分がどの州に住むのかをしっかりと定めます。そして住む州で決められたルールに従い、薬剤師としての資格を取得するようにしましょう。

海外の大学に入学するには?

薬剤師の資格を取得するための大学に入学するためには、どのようなものが必要なのでしょうか。入学には願書、高校卒業の証明書、推薦状が必要になります。日本の大学と異なる点として、銀行の残高を証明するものが必要になるのです。または収入証明ですね。日本の大学ではこういったものは必要ありませんので、ちょっとびっくりするかもしれませんので、事前に準備しておいたほうが良いでしょう。

また過去の成績やTOEFLの点数なども必要になります。また自分がどのような勉強をしていたのかを示すために履歴書や経歴書を提出します。

実際の入学にはどのような手順で入学するのでしょうか。皆さんが用意した書類関連で皆さんの実力を確認されます。そして大学側と面接を実施します。書類と面接で皆さんが学習したことを認められれば、卒業に必要な履修科目が少なくて済むことがあるんですよ。

さて、晴れて入学が決まったら次はビザの問題があります。学校に通うことになるので学生専用のビザを取得します。学生用のビザは認可された学校ではないと発行できないので、注意が必要です。もし時間がなければ代行することも可能なんですよ。