保健所

保健所で働きたい

保健所で薬剤師が活躍できる場はあるのでしょうか。答えはイエスです。保健所の役割として、その地域の保健衛生に関わる保全を行っていくということです。そのために薬剤のスペシャリストである薬剤師も活躍できる場があるんですね。

そもそも保健所はどのような役割を担っているのでしょうか。保健所はその保健所が管轄している地域の保健衛生に関わる情報を収集し管理する役割を担っています。収集した情報を元に分析を実施し、保健衛生に関わる事業者、例えば飲食店やサービス業などに対する監視を実施し、各種の許認可を行うことが主な役割となります。そして地域社会に対する保健に関する情報の啓蒙や、公衆衛生の維持を行うことで、その地域に居住する地域住民の健全な暮らしを守っていくことが目的です。

ではその中で、薬剤師はどのような期待値を求められるのでしょうか。保健所は地域社会の健康な暮らしを最終目的としています。そのためには薬学や衛生学など、健康を維持するための知識が必要になってきます。保健所においては薬剤師が持つ知識は業務において非常に役立つ知識となりうるのです。

保健所にで働く薬剤師の仕事内容

では、保健所に勤務する薬剤師の具体的な仕事の内容としては、食品衛生の管理、薬事衛生の管理、生活・水道衛生の管理、そして廃棄物衛生に関してもその知識を活用して衛生管理を行います。また試験検査を実施したりもします。地域住民の生活を保全する役割が大きいんですね。

薬剤師は薬局などで活躍するしかないと思われがちですが、このように保健所でも薬剤師としての知識を活かして活躍できる場があるんですね。しかも保健所での勤務ができれば地方公務員としての勤務ができるようになります。地方公務員の場合初任給こそ低いですが、残業もほとんどありませんし、ボーナスも月給の2.5倍とほとんど変動がありません。働きやすさとしても他の職種と比較してもとてもよいものだと言えます。また通用の薬剤師と比較して、より大きな役割としての仕事にも就くことができますので、やりがいもおおきいと言えます。

働く場所が薬局ではなく保健所の場合、その立場から保健師としての意見や知識のほうが用いられるケースが多いと思っておいたほうがよいでしょう。社会貢献としての業務は幅が大きくなりますが、立場的な役割から薬剤の知識を活かす場面が少なくならざるを得ないと言ってもいいでしょう。しかし社会環境保全としての役割はやりがいが大きいと言えるでしょう。