薬剤師国家資格から得られるそのほかの資格

資格一覧

薬剤師の国家資格に合格すると、薬剤師の免許取得のほかにも取得できる免許があります。
以下に紹介するのは通常であれば資格試験が必要な資格ですが、薬剤師国家試験合格と共に無試験・無講習で与えられる資格とのことです。

毒物劇物取扱責任者

農薬や塗料、そのほかに危険とされる薬物や劇物として指定されているモノの、輸入・製造・販売における危険防止のために適正な保管、管理等をする責任者。
危険な薬物等を取り扱う業者には、この毒物劇物取扱責任者の配置が義務つけられています。

食品衛生管理者

食品を扱う施設にて、食品や添加物を加工・製造の課程で衛生的に管理をする者。
これも、各事業所ごとに食品衛生管理者の配置が義務つけられています。

麻薬取締官

薬物に関する調査や情報収集を主な仕事とします。実際には薬剤師免許が必須ではありません。
でも、流通経路監視のために、定期的に病院や薬局を訪問することもあるので薬剤師としての知識や技能を活かして仕事が出来ます。

この他に衛生検査技師衛生管理者 なども存在します。
さらに、試験を必要としますが薬剤師資格を持っていることで、受験資格が与えられる資格もあるとのことです。
それが以下の通りです。

臨床検査技師

医師が患者の診断・治療・予防などの処置に必要となる微生物学的検査、血清学的検査、生理学的検査等の科学データの提供や研究をする仕事です。
また、心電図検査、脳波検査、超音波検査などの生理学的検査も行います。
病院や検査所、研究所、保健所、学校が活動分野になっています。

労働衛生コンサルタント

各労働場所の衛生水準を向上させるためのコンサルタント業務を行います。
工場や建築など産業現場では有害化学物質が扱われており、それによって健康被害を受けるケースも少なくはありません。

また、通常のオフィスにおいても、対人関係や仕事の忙しさからストレスを感じたり健康に疎くなってしまう人もいます。
そういったことが無いように、労働者の健康管理、職場の環境設備などを提案します。

弁理士

一言で言うと書類仕事ですが、その内容は特許申請、実用新案、商標、意匠に関連する様々な事務手続きの申請手続きを代行したり、相談を受けたりする業務となります。
発明者や審査官などとの面接もあるので、対人業務もあるとのことです。
資格を有する大半の弁理士が特許事務所や法律事務所に勤務しています。

他の資格

主な資格としてはこれらが挙げられますが、他にも試験が必要となる資格では甲種危険物取扱者 などもあります。
それぞれ資格の種類や受験資格の有無など異なってきます。
例えば、薬剤師が弁理士の試験を受ける場合、一部試験が免除されるようです。
薬剤師といっても他の資格も有することで、職業の幅がグンッと広がりますね。
こういった事を見ても、薬剤師の国家資格は将来性が高い職業だと言えます。

とはいえ資格取得にはかなりの苦労があるでしょうが、それでも就職氷河期といわれる現在では有益な資格ですね。