スキルを磨く

向上心

薬剤師の仕事は調剤などの仕事も3年ほどやると慣れてしまって、飽きてしまう人も少なくはないのだとか。
飽きた仕事をこれから何十年も続けていくのは辛いですよね。
なんでも仕事をやるからには、スキルアップを目指したいと思います。
自分が仕事にやりがいを感じるのも、その仕事の終着点が見えないからだと思います。

現在では薬剤師の仕事の職種は多岐にわたっていますが、一度覚えてしまえば基本的には同じ流れ作業になり正確さは求められるにしろ、それ以上のスキルアップが見込めないと考えてはいませんか?
薬剤師の仕事ともなると、日々進歩する医薬品についていくため勉強は怠れません。

薬剤師のスキルアップを目指すためには、まずは専門知識の向上があります。
専門知識の中には新薬について、服用指導のあり方、管理方法、処方解析、在庫管理、会計管理等あります。
薬剤師に向けられた規定の法律も、法改正によって改訂される場合があるので、薬事法の勉強も必要になってくるでしょう。

スキルアップをするために、薬剤師関連のほかの資格を取得する人もいますよね。
薬剤師としての職種の幅も広がるし、資格取得に注目している人も少なくはないと言います。
最近は薬剤師の職種、職場、仕事内容によってはコミュニケーション能力も求められる時代になってきています。

例えば、薬を処方する時の服薬指導やドラッグストアの相談員として働く方もいるでしょう。
患者さんは子供から年寄りまで老若男女、幅広い世代の人がいます。
相手に応じて分かりやすく親切・丁寧に服薬指導ができるかどうかというところも、これからの薬剤師に求められるところだと思います。
そういったコミュニケーション能力もそうなんですが、薬剤師は他にも色んなスキルを身につけることが出来ます。

スキルの方向性

例えば、薬剤師のマネージメント、新人薬剤師の教育や育成、コスト・利益に関する管理、果てには薬局長に対しての方針指示や指導、医療機関との話し合い・・・など。
そのスキルを磨くために、マネジメントスキルアップ制度もあります。

新人からベテラン薬剤師まで、今の自分にあった研修を受けることができるようです。
薬剤師の仕事を通して自分がどうなりたいのか、自分のため、患者さんのため、社会貢献のため、自分のスキルを最大限に活かしたいと考える人が受けています。

また、職種によって必要なスキルと言うものは変わってくるでしょうが、例えば病院勤務する場合は「病院薬剤師会」というものが各都道府県にあって、そこで定期的に勉強会や研修などが行われているとのことです。
気になるようでしたら、そこに出向くことで病院薬剤師がどんなスキルを必要としているのかが分かります。
ある記事では、「40歳までに何をするかで薬剤師人生が決まる」という項目があるようです。

調剤スキルは経験を積むことで培われていきますが、歳をとってから調剤スキルが若い人と変わらないとなれば、将来性があり安い給料で雇える若い方を採用するのが普通です。
そうなってくると、やはりマネジメントスキルを磨いて、40代の頃には経営に関わるほどの力をつけたほうが薬剤師人生も安泰と考えられるようです。

そのことから今の薬剤師は、20歳代の頃は調剤スキルを磨いて薬剤師の基礎を築くこと。
そして、30歳代になってマネジメントスキルを磨くのが重要となると言われています。