4年制から6年制へ

医学の進歩

ad0692006年から薬剤師の国家資格の取得資格を得られる条件が4年制から6年制に変わりました。
その背景には、薬学についての社会状況が大きく変わったことにあるようです。

  • 生命科学や医療薬学の発達により、学ぶ科目が増加した
  • 長期の実習を導入して、カリキュラムが過密になった
  • 医薬分業の急速な進み
  • 医療に携わるものとしての教養が求められている
  • マネジメントスキルが必要とされている・・・etc

大学では6年制になって以降、薬学部を新設したり、増員したりしたことでこれから薬剤師の人数も増えることが予測されるようです。
しかし、薬剤師資格の取得には医師並のハードルの高さがあるようですし、6年制になったことでカリキュラムの難しさが増え、また、国家試験自体がこれまでよりも難しくなったことで薬剤師になるためのハードルがさらにあがったということが言えるようです。
追試、単位落とし、留年、退学などは少なくはなく、大学によっては約20%しか進級できなかったという例もあるようです。

4年制だった今までも薬学部を卒業したといっても資格取得に苦労する人が多く、ただでさえ薬剤師の資格取得を諦めてしまう人も少なくはなかったと聞きます。
それが6年制になったことで時間の余裕が生まれるなんてことがないのが現状のようですね。

ただ今後、薬剤師の人数が増えることはありえるので、そうなると今まで重宝されてきた薬剤師の需要も下がってしまうんじゃないかと懸念される声もあるとのことです。
6年制の薬学教育生が2012年に卒業するということもあって、薬剤師の人数増加は今最も注目されています。

幅広く学ぶ

ただ、6年制に移項した理由の中にもある通り、最近では薬剤師のスキルアップにも注目が集まってきています。
薬剤師の主な仕事内容としては薬の調剤ですが、そのほかにもコミュニケーション能力や若手の指導能力など、幅広い知識と技術力が必要とされています。
そう考えると、薬剤師の免許を取得しただけでは終わらないということですね。
スキルについて大学で学ぶこともありますが、実践で培っていくことの方が大きいでしょう。

近年、インターネット社会ともなり、薬剤師の世界も電子化、インターネット化が見られてきているようです。
そういった点でも学ぶことの幅は広がりそうです。
ほとんどの私立大学が6年制に移項して薬剤師養成教育を行っている中で、薬剤師受験の資格が与えられなくなった4年制を選択する人は減ったようです。
でも、6年制の薬学部とは違うメリットが4年制にもあるとのことです。

4年制では基礎研究を行い実験技術を磨けるということで、生命科学の分野で知識が得られたり、横断的な視点を培えるという点においては“研究者養成”に最適な場だと言われています。

理学部に近い研究者養成を目的とした4年制と、医療福祉に近い薬剤師養成を目的とした6年制とでは学ぶ幅が異なるので役割も変わってくるでしょう。
薬剤師として働く際にどの職種に就くかということも視野に入れて学部を選択することが大切になってくるようですね。