ドラッグストアでの仕事

ドラッグストアで働く

薬剤師として活躍する場として、ドラッグストアでのお仕事があります。薬剤師というと調剤薬局がイメージとして先行しますが、ドラッグストアでも非常に活躍できるのが薬剤師なのです。

ドラッグストアでは、第一類から第三類まで医薬品が分類されています。その中で薬剤師が関連していくのが第一類の医薬品です。第一類の医薬品とはその薬の副作用によって通常の生活に支障をきたす可能性がある薬品や、これまで処方箋がないと販売できなかった薬品がその副作用に問題が少ないという判断の元、処方箋なしで処方できるようになった薬品などがそれにあたります。

ドラッグストアで働く薬剤師の役割としては、この第一類の医薬品を販売するための、お客様の症状をきき、その症状にあった医薬品の選択と、紹介となります。ドラッグストアで第一類の薬品が取り扱えるのは、薬剤師がドラッグストアにいるおかげなんですね。ドラッグストアでこの第一類の医薬品を販売するには、薬剤師を雇い入れなければいけません。薬剤師がいないとドラッグストアは第一類の医薬品を販売できないのです。

では調剤薬局ではなく、このドラッグストアで薬剤師として働くメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。またデメリットもあると思います。それぞれどのような特徴があるのか見てみましょう。

ドラッグストアで働くメリットとして、調剤する薬剤以外の様々な商品と触れ合えるということです。これは調剤薬局にいてもできないことですので、今後自分で店舗経営をしていくという点で見ると、非常に役立つことがあります。また、ドラッグストアの調剤室で調剤の修行をして、調剤薬局を開業するという道もあります。

ドラッグストアで働くメリット・デメリット

また働きやすさとしても調剤薬局とは異なる点があります。おしゃれをしたいという人はドラッグストアのほうが若干ゆるい可能性があるので、好きな髪型やネイルなどを楽しみながら働けるというメリットもありますね。

ではデメリットとしてはどのようなものがあるのでしょうか。ドラッグストアは様々な商品を取り扱っているので、お客様からの自分の専門外の質問が期せずして発生するということです。またドラッグストアはたくさんのものを取り扱うという特性上、必然的にレジ打ちなどをする必要があります。

ドラッグストアで勤務するのであれば調剤を極めるというよりは、全体的な視点で薬局について学びたいという人のほうが向いているかもしれません。また従業員も多いので、リーダーシップを発揮出来る人のほうがメリットがあるでしょう。