ドラッグストア薬剤師になるには

薬局における薬剤の役割りとは?

薬剤師の働く場所として誰もが思い浮かべるのが薬局です。
昔は風邪薬や湿布薬などの市販薬を販売する薬局が一般的でしたが、医薬分業が進んだ結果、調剤薬局が増えてきました。
そしてさらに近年、街角に目立つようになったのが、大型店舗のドラッグストアです。

日本には誰もが安価に医療を受けられる国民皆保険制度があり、国民は保険による診療を受けられます。
そして保険による診療で、医師が患者に出す処方箋に基づいて調剤を行う薬局を、一般的には調剤薬局と呼んでいます。
この調剤薬局という呼び名は通称で、正式には保険薬局という呼び名が使われています。

しかし薬剤師の仕事は、医師の処方箋による調薬だけではありません。
一般薬を服用するときの相談に応じるのも、大切な役目です。
そこで薬局は医師の処方箋に従った調剤だけでなく、一般に市販されている薬品の販売などを通じて、地域の人々の健康と安全を守るために働いています。
また超高齢化が進んだため、在宅医療の分野でも薬剤師が果たす役割りも大きくなってきました。

薬局は薬を販売しますが、この薬はリスクの高さによって第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品の3つに分類されています。
第一類医薬品は副作用が生じる恐れがあるため、薬の服用に関して特に注意が必要な薬として厚生労働大事が指定した薬品です。
薬は長年使われている間に副作用などの報告が蓄積するため、安全度の精度が高まるのですが、第一類医薬品の場合は新しい成分が含まれており、その成分の安全性がはっきりと確立していないことが多いので、十分に注意が必要とされています。

このため第一類医薬品を販売するときは、たとえ購入者から質問がなくても、薬剤師が購入者から今飲んでいる薬やアレルギー等についての情報を聞くとともに、販売する医薬品についての説明を文書にして説明することが義務付けられています。
そして、この説明は、薬剤師の資格がない人は行うことができないと法律で決められているのです。

薬剤師の説明義務が必要ですから、薬剤師のいない一般の薬局では第一類医薬品の販売は認められていません。
したがって、第二類医薬品と第三類医薬品しか販売できないのです。

一店舗何でも揃う、ドラッグストア

N811_toridashitajyouzai_TP_V近年では薬を購入する際に、ドラッグストアを利用する人が増えています。
ドラッグストアとは医薬品だけでなく、化粧品や洗剤などの日曜家庭用品、文房具、食品や飲料といった、暮らしに欠かせないさまざまな商品を販売する店舗です。

近年ではドラッグストアのチェーン店展開が進んでおり、小さな町の薬局を統合して全国的に店舗を広げる企業が目立つようになりました。
しかし一方で、地元密着型のドラッグストアなど、他のドラッグストアとの差別化を図るために各店がさまざまな特色を出して経営しています。

超高齢化社会を迎えた日本では、高齢者の在宅医療はもちろんのこと、高齢になっても健康に暮らすためのセルフメディケーションの重要性が高まっていくと予想されますから、気軽に立ち寄れるドラッグストアの役割りも高まると考えられます。

そこでドラッグストアでは、薬に詳しい薬剤師を求めて積極的に人材を募集しています。
ドラッグストアでの勤務は調剤薬局とは異なり、化粧品や日用品の販売といった接客も必要になります。
従って接客が好き、店舗経営に興味がある、調剤から接客、在宅医療まで幅広い分野で活躍したい人に最適な職場です。

ドラッグストア薬剤師になるためには、6年制の大学で薬学を専門的に学び、薬剤師の国家資格を取得し、ドラッグストアに就職をします。
新卒採用も多いのですが、転職でも比較的高給の求人が多いので、途中採用で働く人も珍しくありません。
高給が期待できる店長採用での求人募集もありますから、収入アップを目指して転職を希望する人が多くなっています。