薬剤師の年収

日本の薬剤師の年収

薬剤師の年収について調べてみました。
薬剤師の年収は平均で500万円~550万円という数字になっております。
厚生労働省によると全国には約20万人の薬剤師がいます。

薬剤師さんの中でも年収には差があるようで、開業薬剤師、大手企業の薬剤師、ドラッグストアなどの薬剤師という順番で年収も推移しているようです。
その他病院で勤める薬剤師については夜勤があればお給料もよくなるなどの口コミもあります。

とくに高額となると年収は800万円~1000万円の年収を貰うことができる薬剤師もおり、同じスキルを持っていても、ぜんぜん違う年収になることも多いようです。
お給料は平均で30万円~40万円の間を推移するようです。

海外の薬剤師の年収

アメリカにおいては薬剤師の年収は日本よりも高く平均年収は焼く800万円~1000万円となっております。
年収が高い理由としては、処方権を持っていることや、管理業務なども行う点より日本の薬剤師よりも責務が大きいというのが理由となるようです。

ネット上で薬剤師が活躍する時代がくる!?

a0002_001091政府の規制改革会議で一般用医薬品のインターネット販売に関して、「全ての一般用医薬品の販売を可能とすることを求める」との全面解禁を求める方針を正式決定したようです。
ネット上で活躍する薬剤師さんも今後出てくることになりそうです。