アメリカ薬剤師の年収

アメリカで働く薬剤師の平均年収

アメリカの薬剤師ってどれくらいの年収があるか皆さんご存知でしょうか。
今回はアメリカで活躍する薬剤師の待遇についてご紹介します。

日本の薬剤師のしごとってみなさんご存知だと思いますが、薬局での薬の紹介をするような仕事です。薬局は市販のものを取り扱う薬局、そして処方箋薬局と言ってお医者さんからもらってきた処方箋を持って行き、処方箋に記載のある薬を調合して患者さんに出す薬局ですね。薬剤師としての活躍はおそらくみなさんは後者を想像されるのではないでしょうか。

日本の薬剤師の平均年収はご存知でしょうか。男性と女性で若干額が異なりますが、男性の薬剤師で平均555.8万円、女性だと489.9万円という年収になります。全体の平均ですので、さすが、たくさんの知識を勉強し、国家資格である薬剤師の資格を取得した甲斐がありますよね。それくらいないと頑張れないですよね。なにはなんともやはり自分の仕事の成果としての給与ですので、その額で自分の能力を測ることができますからね。

ではアメリカの薬剤師についてはどのような平均年収なのでしょうか。これを聞くと皆さん驚かれると思いますし、現在日本において薬剤師をまさに現在やっている人であれば「なんで??」と思われるかもしれません。それくらいの衝撃の金額です。では、皆さん準備よろしいでしょうか。アメリカにおける薬剤師の平均年収は、なんと「1,100万円」なんです。

日本の平均年収の倍の額です。なぜこんなに差があるのでしょうか。それはアメリカの社会における薬剤師の立ち位置の違いがあげられます。どのような環境が薬剤師を取り巻いているのでしょうか。

アメリカと日本の社会保障制度の違い

america004アメリカでは社会保障として日本のように健康保健の加入を義務としていません。アメリカの国民は任意で健康保険に加入し、受診料の免除が受けられます。しかしながらその健康保険料金は高額で、その加入率は40パーセントと言われています。そのため国民の6割におよぶ人々は病気になった時に医者に行くのではなく、薬局に行って薬を自分で入手しなければならないのです。病気で医者にかかると、日本では考えられないような高額な医療費の請求があるのです。アメリカでは破産の原因として入院等による支払いによる破産が、カード破産について第二位とその比率は非常に大きなものなのです。

アメリカの薬局に在中している薬剤師は薬剤の処方権を持っています。お医者さんと同じように患者さんに薬を処方することが可能なのです。アメリカの薬剤師は医者と同じくらいの権限を持ちあわせているため、良いお給料がもらえるんですね。しかしそれなりのクオリティを求められるのも事実です。