見直される薬剤管理

手術室の薬剤管理

薬剤管理というのは、なにも医薬品などが置かれている倉庫に対して用いられている言葉ではありません。

対応する場所によって薬剤管理は変化します。
例えば、手術室の薬剤管理が仰々しくなるのは当然のことですが、多種類の医薬品が存在するほどに良い・・・というわけではありません。

というのも、手術室で用いる医薬品というのは定まっているからです。
それゆえに、薬剤管理というのは環境によって変化するものだと学んでいる必要もあるのです。

例えば、使用頻度の高いものに麻薬、毒薬などがあります。
どちらも怖いものだと思ってしまうものですが、管理体制がしっかりとしている病院であれば正しい処方のされ方が約束されているため、今ではそれほど危険視されることも減っています。
ですが、使用法を間違えてしまうとトラブルの元になるので、薬剤管理であり管理方法を学んでおく必要があります。

また、医療において誤った薬剤の取り扱いしてしまうと医療過誤の問題が発生します。
専門家として医薬品の取り扱いを任されているプロフェッショナルなので、面子も考慮して医薬品を正しく取り扱えるようになっておく必要が、薬剤師にはあるということです。
今の時代でも医療過誤は発生していますので、このような問題を起こさないために薬剤管理を学んでおくことは大事でしょう。

投薬管理のための薬剤管理

薬剤管理は投薬管理として扱われていることもあります。

先ほどの薬剤管理が決まった現場で定められている薬剤管理に対して、投薬管理の場合は人に合った処方が行えているのか試されます。
また、人によっては1つの医薬品のみ処方される・・・というわけではありませんので、そのことにも注意されたほうが良いでしょう。

医師の指示に従って、順序良く医薬品を手渡す必要もありますし、服用の際の注意点も明確化しておく必要があります。
例えば、医薬品の用途以外に対して投薬管理できているか、薬剤師として試されることもあります。

風邪をひいている人が他の病気にも悩まされている場合、先に対応したほうが良い病気はどちらなのか明確化しておくことが重要なのです。
このような対応を忘れていると呼吸などに問題が出る、人によっては赤い発疹が見えるような状態となり、結果的に病院で新しく治療を受ける必要が出てしまうこともあります。

薬には投薬管理という手順が存在するため、そのことも理解して薬剤管理をするのが薬剤師の仕事だと言えるのです。
また良くわからない場合は、医師に何度も質問をするという行為も、新米の薬剤師であれば重要な行為となりますので、チームにおけるコミュニケーションを重要視することも薬剤師の仕事といえるでしょう。