薬歴の開示について

薬歴の開示と法律の関係性

薬歴の開示とは、求められた際に法律に従って正しく開示を行っているかどうかという意味で用いられています。

当然のことですが、個人情報を取り扱う場合に無関係な人に対して、薬歴の開示などを行ってはいけません。
情報というのは取り扱いを専門としている業者も存在するため、薬歴の開示に関する法律も存在するということです。
個人情報流出もそうですが、いたずらな対応が見られる業者では薬歴の開示、もしくは保管に関する対応を行えないように、厳しく法律で定められている一面もあるのです。

それだけ、個人情報流出であり、個人情報の保護は難しいということが良くわかります。
また、具体的にどのような場合に対して薬歴の開示を行っているのか?というと、以下のような条件に該当する場合であれば薬歴の開示が求められると定められています。

開示が行えるケースその1ですが、権利や利益を害する恐れがないのであれば薬歴の開示を行っても良いと定められています。
どのようなケースなのかというと、例えば本人から正しい手続きで薬歴の開示を求められるケースが該当します。
本人が医療薬について正確に理解しようと、自分の薬歴をチェックするのはなにもおかしくありません。

ですが、第三者がそのような情報を得ようとしている場合は話が違います。
そのため、第三者からの要求であるかどうかは関係なく、生命、財産に対して悪影響を及ぼす・・・と考えられるケースでは、等しく薬歴の開示が行えないと定められているのです。

またケースその2となりますが、個人情報を取り扱っている業者に対して、著しい支障を及ぼす可能性がある場合も薬歴の開示は難しくなります。
100%行えないと定められているわけではありません。
そのため、個人情報を取り扱っている業者に対して問題が無く、且つ正当性が認められるようであれば薬歴の開示に応じることもあるのです。

例えば、家族の誰かが医療を受けている家族に対して、関連性のある情報を求めている場合が該当します。
家族であることが証明されていて、且つ医療を受けている個人の健康を重要視した場合、その対応を軽んじるわけにはいきません。

なので、ケース1とは違いケース2であれば、薬歴の開示を関係者が求められるようになっているのです。

その他の薬歴の開示

薬歴の開示に関するルールとなりますが、情報の伝達は速やかでなければいけないと定められています。

勝手に個人情報を扱っている業者がいた場合、このような対応が難しくなるため、特殊な事例に対応する決まりも用意されているのです。
それと、曖昧な情報で薬歴の開示を求めることはできません。
完全に一致しない情報の場合、薬歴の開示の対応で適当だと認められる範囲まで開示される仕組みになっています。