薬剤師の電話対応テクニック

相手の不安を減らす

薬剤師の電話対応テクニックというのは、相手とのコミュニケーションを良くすることが重要です。
なので、以下のような対応をしないように心がけ、薬剤師の電話対応テクニックを磨いていきましょう。

テクニックその1となりますが、声のトーンは下げて電話対応をするようにします。
声が大きいと、素早くしゃべって欲しいと急かされているような気分になるので、医療の現場と同様で静かな雰囲気を作っていきましょう。

テクニックその2は、無駄口を叩かないようにして会話をすすめるということです。
コミュニケーションをとっているので、人によってはお互いが会話内容を共有しやすいこともあります。

女性同士の場合、もしかするとそのような場面に出くわすこともあるでしょう。
ですが、会話は端的であればあるほど良い・・・というのを忘れてはいけません。
というのも、今しゃべっている人以外にも電話をかけている人がいるかも知れないからです。

そのため、テクニックその3はクレーム処理の上手さとなります。
相手を待たせている状態で電話を取り次いだ場合は、最初に「申し訳ありません。お待たせしました・・・」の一言は言えたほうが良いです。
時間にして1、2分であっても待たせてしまったという気持ちで対応するようにしましょう。
このような対応ができるだけで、相手の心も落ち着き必要な情報のみやりとりできるようになります。

テクニックその4は、相手の心をやわらげるための努力をすることです。
例えば、重い病気なのでは?と思っている相手に対して、もしかすると重い病気なのかも知れな・・・と、ほのめかしてはいけません。
このような対応を取られるだけで病院に行くのが怖くなる人もいるからです。

今までの事例に対して似通った問題を教えてあげること、そして、病院に来ればすぐに診断を終えられることを教えてあげましょう。
教えすぎるとかえってパニックになる・・・ということを理解するのも、配慮の1つだと言えます。

特殊な例に対応する電話対応テクニック

ad032人によっては、複数の病気にかかっている状態で電話をかけてくる人もいます。

そのような場合についてですが、なるべく簡素に対応するようにしましょう。
というのも、複数の病気にかかっているというのは思い込みの可能性が高いからです。

例えば、「風邪もひどく、しかも中々熱が下がらず、体のふしぶしが痛い・・・」という場合は風邪のみが酷い可能性を考え、とりあえず診断と処方を受けてみるように促します。
相手としても気が弱っているので相談が長いだけ・・・と考えられますので、こちらは落ち着いて簡素に対応することが、そのまま薬剤師の電話対応テクニックにつながるのです。